女児二人餅だらママ。

幼稚園児と未就園児の二児を持つ、オタク専業主婦のだら日常です。

まだライター続けてて思ってること

去年の9月くらいからライター業始めて、もうとっくに半年は過ぎた。

前回のブログでも書いてるけど、同人優先してたから二か月分くらいは仕事量おさえすぎてちょっと収入がギリギリでやばい。

自分の保険料は自分の口座から払ってるから、そこにお金入れないとやばい。

 

前回書いた404エラーのクライアントは、URLをちょっといじったら無事ログインできた。

もうここでは仕事しないので源泉徴収票をくださいって言っておくべきだろうか。

おそらく年末に一気に出すんだろうな。

源泉徴収は3000円くらいなんだけど、3000円てけっこうでかいでしょ。

 

今やってるところは、月一で源泉徴収票出すみたいでスクショするのがめんどいんだけど、でもクラウドワークスでしか繋がってなんだし、受注側も発注側も一年クラウドワークスに登録しつづけてるとは限らないもんな。

月一で出す方がいいと思う。

 

今やってるところはタイトルだけ選んで、マニュアル通りに見出し作って文章完成させるところなんだけど、タイトルかぶりがすごい。

どういうことなの、それこないだうちが書いたタイトルじゃん、なんでまた募集してるの?みたいな。

 

しかし確認してみると、同じタイトルで2個くらい記事が載ってる。

ミスなのか…?

一ヶ月という短いスパンで同じタイトル発注する…?

同じサイト内で同じテーマとタイトルの記事あって大丈夫?

書き手は違うから、内容は微妙に違うけどさ…

 

あとは、これ同じじゃん?!ってのがある。

例えると記事タイトルが「ピンク色のバッグ ●●」「桃色のバッグ ●●」みたいな。

マニュアルどおりに作成したら、内容同じになっちゃうじゃん?!!!??!

 

でも同じページで募集してるし、さすがに目に入っていないことはないだろうから、全ての検索キーワードを網羅したいのかもしれない。

どんなキーワードで検索しても取りこぼさないようにしたいのかもね。

 

書く側は大変ですけどね!

正直言って、お金さえもらえればいいや!!!!って思ってる。

 

ちょっと前までは、タイトルかぶってるのは選ばなかったんだけど、もうタイトルかぶりばっかだから気にしてられなくなったわ。

ミスじゃなさそうだし…

 

今までいくつかの受注してきたけど、検品担当者が何人いるのか分かんないんだよね。

ちゃんと毎回名前書いてくれるとこもあるけど、毎回違う人だということしか分からなかった。

 

質問しても、ちゃんと会話にならないこともあるし。

なんで2個質問してるのに、一個しか返事してくれないんだ。

おそらく2個目は問題ないんだろうけど、それならそこは問題ありませんとか、大丈夫とか返事しろよ。

 

先に納品した記事を2週間以上放置して後から納品した記事を検収したり、記事がすでに公開されてるのに、検収報告がなかったり(←収入として数えられない)、マニュアル変更が短いスパンで行われたり…

 

文字単価0.8円で今のところ一番いいから、しがみつくしかないけどさ。

 

試しにクラウドワークスで案件調べてみたら、相変わらず文字単価0.1円の嵐。

そういうとこに限って「高いライティングスクールに通うよりお得です!」って言葉がある。

そこ売りにしないで、ちゃんと仕事として発注しようよ。

 

文字単価高いのも見てるけど、専門性が必要になる場合が多いから受けられないしな。

 

もう一つ継続している仕事は、個人アフィリエイトブログの方。

文字単価0.4円だけど、検収も早いし基本修正ないし、受け答えもちゃんとしてくれるし、うちの専門分野の内容の記事が書けるし、こういう相手は文字単価が低くても続けていきたいと思う。

 

そういえば外注雇ってるアフィリエイターさんの記事見たんだけど、修正内容は直さないわ、誤字脱字はひどいわで、継続悩んでる人がいた。

やる気のない外注ってひどいね…

うちにやらせてくれって思う。

 

自分でやってるアフィリエイトブログは放置。

昔だったらレジャー施設行ったら書いてたけど、もう書く気力がないんだよな。

その書く時間で、確実に金になるライターの仕事しちゃうから。

 

自分の作業時間計算すると、ライターでパート代稼ぐのはちょっと無理がある。

けど、幼稚園や小学校の行事、同人活動の原稿作業ができるので、収入ギリギリだけどストレス少なめで生きたいように生きる。

 

趣味を優先して仕事を後回しにして生きてた

最近は趣味を優先して生きてました。

趣味ってのは同人なんだけど、イベント前は同人誌の印刷所の入稿締切とかあって、普通の同人作家は締切にヒイヒイ言うんですけどね、自分もそれでした。

 

ただでさえ春休みとかぶって仕事する時間が取れないのに、春休み明けにイベントがあるから原稿の方優先してた。

ので、仕事の方があんまりやっていなかったというか。

ノルマがないからね。

 

こういうとき、普通の仕事ならまず仕事の予定が入ってから間に原稿の時間を入れるけど、フリーランスは時間の管理は完全に自分でやるので、原稿を優先するという愚行ができるという。

 

そういえば、ずっとお世話になってたけどあっちの都合で文字単価が低くなって仕事しなくなったところ、案件の応募ページだけ見てたんだけど、ログインしようとしたら404エラーになってた。

もうやる気なかったからいいけど、先に源泉徴収された分はちゃんと返ってくるのだろうか。

源泉徴収票さえちゃんと発行してもらえればいいんだけど。

 

ライターと話したい。

前に少しだけ在宅ワーカー交流会でお話した人がいたんだけど、タイトルはこんな感じで、見出しは自分で作って、文字単価はこれくらいで…

とか、語り合いたい。

 

今自分がしてるのがこんな感じで文字単価がこんなんで、似たような案件のスカウト(誰にでもメール送ってる風)がきて、でも文字単価が上でー

とか、ライターさんと話がしたい気分。

 

数年前からブクマしてたアフィリエイト中心のブログの方々も、自分含め更新してないところ多いし…

つくづく、ブログを続けるという事がどれだけ難しいことなのかを実感する。

たぶんこれ前にも言ったしこれからも言う。

 

とりあえず原稿のせいで今月分の支払いがやばいので、仕事をすることにしますが、10連休突入なのでもうどうにもならない。

 

今週は幼稚園で昼から父母総会だし、小学校は授業参観とPTA総会だし、10連休前の貴重な一週間も時間がみるみる削られていく。

 

5月は幼稚園の親子遠足と小学校の運動会、通学路の旗振り当番、幼稚園は家庭訪問もあったっけか?

こうして考えると、外勤のパートや仕事の方々、どうやってるのって感じ。

そしてなぜ女親ばかりが仕事を休まねばならないんでしょうね?

 

うちが外勤無理って思ったのは、子供関係の行事でいちいち休みもらうのがイヤだからだし。

 

在宅ワークでぜんぜん稼げてはないけど、自分の場合は本人のやる気の問題が大きい。

まあある程度稼いでも、クラウドワークスのシステム手数料とか源泉徴収(戻ってくるけど)とかでだいぶ引かれちゃうんだけどね。

 

まずなんでこの状態で急にこのブログを書く気になったのかというと、書こうという気持ちができたからだよね。

 

このブログを書くだけでも最低20分はかかるし、20分で何ができるかと考えたら色々できるから、そういうふうに時間で考えてしまうとブログを書く気が失せるんだけど、今日はたまたま書きたい気持ちが勝ったという珍しい状態だっただけなわけで。

 

相変わらずこのブログだと文章の構成考えずに思いついたことだけ適当に書くだけなので読む人にとってはとてもとても不親切になっているとは思うけど、とりあえず仕事します。

自分の日記を書く気が起きない近況

ものすごくお久しぶりです。

「この広告は90日以上更新されていないブログにうんたらかんたら」が表示されているのを見て、90日以上更新されてなかったことを改めて確認した次第です。

いやいいんですけどね。

 

アフィリエイト実録を書いていた方のブログがドメイン期限切れによりそろそろ消滅します。

アフィリエイト失敗した記録すら消えます。

まあいいか。

 

最近はライティングの仕事ばかりで、ブログ更新ひとっつもやってなくて、でもアフィリエイトブログはドメイン自動更新なので、いつかまた1記事くらいは更新するかも?って思ってたり。

 

最近あった出来事

 

・在宅ワーカー交流会に行った

・ライティングの継続ひとつ終わるから新しいとこ探してるけどなかなか見つからない

青色申告会マジ便利

・拾った子猫が育って元気

 

くらいです。

 

在宅ワーカー交流会では、クライアントになる方の企業さんに色々話を聞いたんですけど、やっぱりブログはあった方がいいらしいですね。

文章とか参考にするみたい。

 

でもこのブログは見やすく書いていないし、文章もぐちゃぐちゃに書いているので、見せられない。

語尾も統一させていないし。

見せられるとしたら子育てブログだけど、更新3~4ヶ月くらい止まってるしなぁ。

 

それに最近は4000字だの6000字だの9000字だの、1記事に対する文字数が多いので、一記事2000字程度のブログが参考になるのかどうか。

 

というか、新しいライティングの仕事探してるんだけども、4000字募集ってなってから応募したら、平気で6000だの9000だのの記事募集ばかりで…

 

前にもこんなことあったような…
条件提示しといて、いざ応募して見たら違うの…

リアルもネットも同じかよ…

いや前回もネットだったかも。

 

在宅で仕事するには、ずーっと仕事探し続けなきゃいけないのかもしれない。

フリーランスだもんね。

一応ひとつ継続してるところはむこう1年は大丈夫そうだけど、ここだけじゃ足りないし。

 

早く次の仕事を見つけなきゃ。

 

あとは、確定申告をさっさと終わらせたい。

青色申告会経由の方々は、もう終わらせてる人が多い。

申告会の相談会は何度でもいけるし、すごい親切だし、なんか勝手に計算してくれる部分もあるから、便利なんだよね。

今週中には終わらせたい。

 

えーと、最後のは、うちの玄関前に母ネコが捨てていった子猫がだいぶやんちゃに育って元気ということです。

10月に母ネコが一匹ずつ時間差でうちの玄関前に生後1週間くらいの子猫を合計5匹置いてきやがりましてね。

その母ネコは近所に住み着いてる野良猫なんですけども、半年前にも子猫を生んで、1匹だけ生き残ったのをうちが飼ってましてね。

 

次にまた生む前にどうにかしなきゃいけないなと思ってたらこれですよ。

で、夜中も含め3時間ごとにミルクあげて、里親探して、一匹だけ残っちゃったんでうちが引き取って、母ネコも捕獲してうちから出さないようにして、合計猫3匹飼う事になっちゃって。

 

母ネコからしたらたぶん監禁されてる状態なんだろうけど知らん。

ものすごく人になつかないので、家の中にいる野良猫状態だけど知らん。

子猫2匹は仲良く遊んでます。

半年ずれてるから兄妹の意識はないだろうけど。

 

ネコを養う為にも仕事探さなきゃな…

 

確定申告の時に、計算したらギリ黒字になりましたよ!やりましたね!って言われたんだけど、青色申告控除分まったくいらないくらいの黒字でした。

 

パート代まで…頑張って稼がなければ…今年こそ…

 

なのでブログはほとんどまた書くことはないと思いますが、今年はライティングの仕事をがんばると思います。

 

 

ララガーデン春日部のハロウィンイベントに参加レポ(3回目)

今年もララガーデン春日部にハロウィンイベントに参加してきました。

 

今年でもう3回目です。

 

一回目と二回目はこちらの記事にレポ載せてます。

sigisigi3333.hatenablog.com

 

sigisigi3333.hatenablog.com

去年まではヤオコー前に集合でしたが、今年はリブロ前集合になってました。

 

さらに、参加方法も変わってました。

 

キッズクラブ会員は一回参加できるってのは確か変わらないけど、

去年までは一人一回300円だったのに対し、今回は当日分レシート1000円以上(合算OK)になってました。

 

事前にララガのホームぺージに書いてなかったから、列に並んでから気づきました。

 

うちはキッズクラブ入ってなかったし、入るための条件(三井のカードに入会してるとか)が満たされていなかったため、急いで子供達二人分の2000円分買い物してきました。

今回も各回先着20名なのは変わりなし。

土曜日の一回目、11時の回目当てで10時くらいに並びました。

 

並んだ時、大人しか並んでなかったけど、10:05くらいで七人目でした。

前回と違って今回は少なかったのか、10:35の時点で11人くらいでした。

うちは整理券8と9をもらいました。

 

途中で参加方法を何度かアナウンスしてて、参加方法が変わったから慌てて買い物してきてるっぽい人が何人かいました。

 

いつものごとくマントと帽子の貸し出しはありましたが、だいたいみんな仮装してきてますね。

スパイダーマンとか鬼太郎とかアナ雪とか。

 

うちは毎年天使です。

下の子はリルリルフェアリルの妖精。

 

サンリオピューロランドで買った妖精の羽とフェアリルティアラをこういうところで活用しないとね。

 

整理券をもらってからはちょっと上で遊んで、11時開始の5分前に戻ってきたら、いつものごとく2組に分かれました。

 

整理券とかぼちゃの入れ物を交換したら出発です。

 

今回は少なかったみたいで、7人と8人に分かれたみたいです。

 

いつものように一階から3階まで練り歩き、合計8店舗を回りました。

 

やりたくないって言ってた下の子も、始まったら結局楽しくやってました。

 

上の子は大丈夫だったけど、下の子はまだやっぱりエスカレーターの時は保護者が手を繋がないとですね。

 

開催時間はいつものように11時・13時・15時なんですけど、11時の回が20人いかなかったとは驚きでした。

でも、13時からの回はどうだったんでしょうね。

 

12時過ぎくらいに帰ったんですが、車が停められる所がなかったんで、混んできたなーって感じでした。

スタジオアリスの七五三客も多い時期なんで、お昼くらいにララガ着たら、車停める所がなくて大変かもです。

 

そういった意味では、11時の回にささっと済ませちゃってよかったかなと思います。

 

来年は上の子も小学二年生だけど、小学三年生くらいの子が参加してたし、来年もまた参加するかな?

そしたら4回目だな。

 

せっかく買った天使の衣装、ハロウィン仮装でしか使えないから、使える時まで使いたいと思います。

 

近況報告

こんにちわんこ!ふるたんだよ!

ふるたんじゃないよ!

 

ニッチなトレンド挨拶から入ってみました。

 

このブログもすっかり放置してたと思いきや、7月に書いてたからまだ2ヶ月くらいしか放置してないじゃんと気づきました。

まあそんなことはいいんですが。

 

今年の2月から新しい教材でアフィリエイトを始め、3か月後見てろよ!と意気込んだくせに月1万くらいしか稼げず、

もうやっていけない…となりまして、普通のパートを探していました。

 

飲食店は土日は学生バイトがいるから子供が学校に行っている間に働ける!と思い意気揚々と面接を受けに行ったところ、子持ち主婦ばかりで土日は持ち回りだと言われ、

とりあえず合否を待っている今日この頃。

 

なんか辞退したくなってきた…

そんな気持ちを胸に登録したのがクラウドソーシング。

3年前だったら無理だったろうが、今の自分ならライティングが出来る!ということでとある案件に応募、テスト記事に見事合格し、現在契約待ち。

 

しかし、この案件だけでは目標のパート代にはまだまだ遠いので、ガンガン応募して継続案件をとる必要がある。

 

おわり。

 

今そんな感じです。

めちゃくちゃ迷走してます。

 

そして青色申告会に入会したわけですが、やよいの青色申告ソフトを買って、試しに出来る所まで入力しておいてねと言われたんですが…

調べてみてもさっぱり分からない…

 

なるほど、と分かった部分もあるけど、結局それをどこに記入するの???

わっかんない…

 

自分で出来る所までやってみます!

って言ったけど、全く出来なかった(笑)

 

来週か再来週には青色申告会に行って、確定申告の書き方聞いてきます。

 

そして、私含め子供も周りも喉がやられ、体調がやばいです。

みんな喉にきてる…

 

はちみつ大根作ったので、飲みます。

せっかくの連休なのに、体調は悪いわ仕事関係はふわふわしてて決まってないわ、どうしたもんかって感じです。

 

でもすごく人生を生きてるって感じはしますね。

 

それではまたそのうちに。

青色申告会に入会します。

開業届を出し、個人事業主になってからもう半年くらい。

幼稚園と小学校に子供たちを送り出したあとは、アフィリエイトのみの業務(?)を行っています。

(パートとかはしてないって意味ね。家事はしてるよ!)

 

月数千円だった収入は、ここ数か月はギリギリ月1万いくくらいになりました。

専業アフィリエイターで月1万て…お前…

というツッコミは今はおいといて。

 

確定申告を出さなきゃいけないわけですが、書き方がさーーーっぱり分かりません。

税務署から来た確定申告説明会も一度行ったんですが、やっぱりさっぱり分からなかったので、どうしたもんかと思っておりました。

 

そしたら、どこかのブログで青色申告会に入ったら楽だったみたいな事が書いてありまして。

税理士に相談するより安そうだし、税務署に相談するより気楽そうだし、

青色申告会に入ってみることにしました。

 

その前に、税務署からも電話があったんですね。

次の確定申告だか帳簿の付け方の説明会は、申し込み人数が多いから、とりあえず希望を聞くけど確定できるか分かんないよ、どうする?的な。

 

そこで「じゃあ青色申告会入ります」って宣言したのが決め手かな。

 

月1万なんて正直恥ずかしいけど、まだあと半年あるからまあいいや。

もし経費で赤字になっても帳簿をつける事に意味がある。

 

まずは税務署の説明会でもらった紙に書いてあった青色申告会に電話します。

電話した翌日に相談予約を取り付けて、準備はOK。

 

もうね、ぜんっぜん分かんないから、とりあえずASPの確定画面とか、クレカのサーバー代引き落としの画面とかスクショして、印刷して持っていきました。

 

だって、ASPによって1000円いかなかったら現金としてもらえないけど、数字としては確定してるじゃない?

そういうのが全然分かんなかったんですよ。

 

確定申告する時点で、そんな低い数字の奴ぁいないんだろうけどもさ。

 

いやでも複数のASP使ってたら、中には振り込み金額までいかない時もきっとあるよね?

 

あ、あと振り込みしないで、ずっと貯めてる分とかね。

いちいち振り込みしてもらうと、手数料かかっちゃうでしょう?

 

売掛金とかそういう専門用語もさっぱり分からないし、お前大丈夫か?ってレベルなんですけども、まずは相談に行かないと!と思って行ってきたわけですよ。

 

ちなみに、うちの地域の青色申告の年会費は半年ごとに2500円で、1年で5000円、入会費は1000円です。

高いのか安いのかどうなのか分かりません。

 

入会する気満々で行ったら、入会届は次回来る時までに書いてきて、その後、郵便で振り込みするそうです。

けっこう先だな…

 

相談の感想は、すごく優しかったです。

 

アフィリエイトというややこしい商売なので、あちらもけっこう頭悩ませてたんですが、ちゃんと答えて下さいました。

 

何にも分からない状態ではっきり疑問として聞けるレベルは、それなりに分かったと思います。たぶん。

 

はじめての確定申告でも、青色申告会に行けばたぶん大丈夫!

 

サーバー代とかドメイン代とかは、そのまま科目作っちゃっていいらしい。

取材費も。

 

ふむ…

とりあえず、まずはやよいの青色申告を買って、自分でいじってみないとダメだな…

 

やよいはクラウドがないから、パソコンそのまま持っていく形になるって言われました。

青色申告会の使ってるやよいは、法人用のだから、個人用とは互換性がないんですって。

法人ならUSB使ってやれるらしいんだけども。

 

話していたのは1時間くらい。

あっちから1時間たったのでこれで…じゃなく、ちゃんとこっちが聞きたい事がなくなるまで待っててくれました。

 

そして、帰る時のお辞儀の角度がすごく深い&長い。

こっちもお辞儀返したけど、深いし長いしであちらがこっちの方を見えるわけもなく、

まだ私がいると分かったら、また深く長いお辞儀体勢に入ってしまったので、

こりゃさっさと消えてやるべきだな…と思い、帰ってきました。

 

なんて丁寧なんだ。

 

そんなわけで、まずはやよいを買っていじってみるというミッションが追加されました。

いや追加じゃないよ、もともとそういう予定だったよ。

 

頑張りましょう。

 

クレしん映画カンフーボーイズのネタバレ感想です。

本日、小学生の娘と一緒にクレしん映画を見てきました。

 

うち含め、運動会の振り替え休日だから、平日昼間にも関わらず、小学生がたくさん来てました。

クレしんは対象年齢いくつくらいまでなんでしょうね。

 

というわけで、ネタバレしつつ感想いきます。

ネタバレなしで感想するの難しいので。

 

映画を見る前は、「どうしたマサオ!?」って感じのCMだったので、まあこんな感じになるんだろうなーって予想してたんですけど、

なんやかんや、色々小さい裏切り(いい意味で)がありました。

裏切り(どんでん返し)は映画の基本ですよね。

 

そもそもマサオってやる時はやるし。

嵐を呼ぶジャングルの時のワニから逃げる(避ける?)マサオはすごかった。

 

で、今回は、分かりやすく悪い奴がいて、いつものように映画ヒロインがいて、しんちゃん達カスカベボーイズがいて、

いつものようにヒロインと一緒に悪い奴を倒しハッピーエンドかと思ったら、

なんか今回はちょっと違った。

そう来るの?って感じで、いつもとシナリオがなんか違う…

 

まさか…

 

ヒロインが悪堕ちするなんて…

 

悪堕ちといっても、悪の勢力に洗脳されたとかいうわけではなく、

ひろしがよく言ってた(実際は言ってないかも?)「正義の反対は、また違う正義なんだよ」的な。

いや悪の組織は悪なので正義ではないのですが。

 

所詮正義なんて、結局は誰かの主観でしかなくて、絶対の正義なんてないよなーって感じで。

「私が正義だから、私が悪だと認めたものは悪。排除する」って、独裁者みたいになっちゃった。

 

クレしんヒロインで悪堕ちした子いたっけ?

もともと敵サイドのヒロインもいたけど、基本みんないい子だし、今回のようにラスボス化した子はいないはずなので、非常に珍しいと思う。

 

この子のおかげで正義について考えさせられましたね。

 

他にも色々分かりやすく、映画らしい「伝えたい事」がいくつかありました。

 

マサオは兄弟子なのに、後から入ってきたしんちゃん達に抜かされちゃって、

落ち込んで爆発してたけど、これをどうするのかなーって思ってました。

 

マサオのおかげでしんちゃん達がカンフーを始められたんだよーとか、

なんかヤバいシーンでマサオが頑張ってどうにかピンチを切り抜けたりするとか、

何かしらあって、いい感じにまとまるのかと思ったら、

しんちゃん達が中国行ってる間に、勝手になんか悟ってた。

 

師匠になんか言われたのかもしれないけど、カスカベボーイズがマサオをフォローしてた場面はなかったのに、マサオは自分一人でも立ち上がってた。

やるじゃねえか。

 

結局は地道にコツコツなんだってさ。

まだまだ5歳児なので、それでいいと思います。

いや5歳児でそれを悟るのもすごいと思うけど。

 

しんちゃん含め、みんなの才能や要領の良さなど見て、自分は何にもできないってなって、実際まだ何も出来てないのに、「地道にコツコツが大事」って気づけるのはすごい。

普通は「自分は何もできないダメダメ人間」てなりそう。

自分自身に価値がある事に気づいたのだろうか。

 

他に印象のあったシーンとしては、相変わらずしんちゃんが妹のひまをお世話してお兄ちゃんしているところかな。

オトナ帝国だったかな?

みさえたち親がひまの世話が出来ない状況になると、しんちゃん普通にミルクあげたりゼリーだかプリンだかあげたりするんですよね。

すごい幼稚園児だ。

嵐を呼ぶジャングルでも夕日のカスカベボーイズでも、すごくお兄ちゃんしてた。

 

昔、しんちゃんが一人っ子だった時、妹が生まれるという事で、全日本が動揺した(主観)

あの自由でおバカのしんちゃんがお兄ちゃんになる?!!!?!と。

果たして大丈夫なのか…?と思ったけど、今や全国お兄ちゃん選手権があったら堂々優勝できるくらいのお兄ちゃんになりました。

 

映画の感想とずれたけど、今回もしんちゃんはお兄ちゃんです。

 

とりあえず語りたい事語れたので、私からは以上です。