女児二人餅だらママ。

幼稚園児と未就園児の二児を持つ、オタク専業主婦のだら日常です。

幼稚園の遠足に行ってきた。出発編。

幼稚園の遠足に行ってきました。

すっごく疲れました…

とりあえず一回で書ききるのは大変なので前編後編に分けます。

 

行ってきたのは「ぐんまこどもの国」です。

普段は9時までに自転車で送っているんですが、遠足の為8時15分までに集合です。

いきなりきつい…お弁当作らなきゃだし。

ちなみに、私と長女は先にバスで行きますが、たまたまお休みが取れたパパと次女は車で追いかける形をとりました。

最初はパパ休みかどうか分からなかったので、次女を連れて三人で幼稚園のバスで行こうと思ったんですけど、次女はバス代かかってないのでパパと行ってもらうことにしました。

私の他にももう一人、同じように下の子とパパさんだけ車で来る方がいました。

この場合帰りはパパの車で帰ってもいいそうなんですが、普通に幼稚園のバスで帰りました。

普通に下のお子さん連れて、一人で二人見てる方もたくさんいました。

あ、一人で三人連れてる方もいました。

行き帰りのバスの席順はそれぞれ園に到着した順にくじを引いて決めます。

8時10分くらいに園に着いてくじに並ぼうとしたとき、事件は起きました。

 

水筒忘れた。

 

急いで長女と荷物を園に残して家に取りに戻りました。

よく考えたらパパに持ってきてもらえばよかったのに、なぜ戻ったのか分かりません。

焦って冷静な判断が出来なかったのでしょう。

 

ものすごく飛ばして片道5分、往復10分で園に戻り、戻ってきたのが8時20分。

もう誰もいなくて、くじの紙だけ渡されてバスの場所に向かいました。

バスは園じゃなくて、園から5分くらい歩いた場所に停めてあるんです。

 

家を往復する途中、学校の正門前を通るんですね。

先生がいるわけですよ。

「あれ?この人さっきも通ったのに…なんかすごい息切らしてるし…って三回通った!」

短時間の間に三回も通った私を見てどう思ったことでしょう。

全力疾走で足はがくがくだし恥ずかしいし情けないし、まだ出発もしてないのに体も心も一人で疲れてました。

 

まあそんなこんなでやっとバスに乗り、出発しました。

行きのバスは前の方が園児、後ろが保護者とまとまっており、1時間以上お隣の保護者の方と過ごさなければいけません。

これけっこう憂鬱に考えてたんですが、杞憂でした。

けっこうそれなりに世間話できるし、マイク回ってきて自己紹介とかしたり園児は歌うたったり、なごやかに1時間過ぎていきました。

 

そんな中、メールで「次女熱あるかも」と主人からメールが来て、来れるか来れないのか分からなくなりました。

一応次女用バッグは用意していて、お弁当や飲み物やオムツの他に母子手帳と病院の診察券も入れてきたから、「様子を見てもう一回熱はかって病院行くなら行け」とメールしました。

 

結局大丈夫だったので現地でのちに合流したのですが、もし病院行ってたら水筒取ってきておいてよかったな、と。

 

なんと出発して到着する前に、個人的なことですがここまでいろいろな事がありました。

私のドジが大半ですが。

 

長くなったので次に到着してからの事を書きます。

広告を非表示にする