女児二人餅だらママ。

幼稚園児と未就園児の二児を持つ、オタク専業主婦のだら日常です。

長女と次女の発達の違い。

すっかり子育てブログみたくなってきました。

本日は長女(4)と次女(1)の成長や発達の違いを振り返ってみようと思います。

 

長女の寝がえりは生後4か月。

次女の寝がえりは生後10か月。

もういきなり違いましたね。

次女が先に生まれて、10か月まで寝返りしなったらすごく心配したことでしょう。

でも二人目だったため、特に気にすることもなく「個人差個人差♪」とのほほんと構えられました。

スタートダッシュから全く違ったので、次女は当然他のも遅れてます。

 

長女は1歳くらいから歩き始めました。

次女は最近…1歳半にしてやっとよちよち歩き始めました。

おしゃべりも、長女は1歳くらいでアンパンマンとか言ってたのに対し、次女は1歳7か月の現在でも「まんま、いぇいいぇい、ぱぱー」くらいしか言えません。

 

先日の1歳半検診でも、普通なら5語くらい話せると言われて色々思い出しました。

でもやっぱり二人目なため危機感無し。

まあそのうち話せるようになるでしょ、って感じ。

 

夜泣きも長女は一歳越えたら自然と収まりましたが、次女はいまだにたまに夜泣きしてます。

 

これが生まれた順が逆だったら、初めての子育てで不安だらけになっていたと思います。

一人目は何かといろいろ心配してしまうものですからね。

それに夜泣きが続いて睡眠時間があまりとれないと、二人目作るのも躊躇してしまうし…

 

昼間は、長女がよく次女と一緒に遊んでくれてます。

まだ4歳なのに、すごくお姉ちゃんしてます。

家ではワガママもいっぱい言ってよくママを困らせますが。

 

今のところ大きな病気もなく二人とも元気なので、これからもすくすく育っていってほしいです。

まあ次女は昔ちょっと入院しましたが。

そのうちそれについても書きます。

 

広告を非表示にする